夜猫子的部落格

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BREITLING

BREITLING

え~ 愛用している時計のメーカーBREITLINGの現在に至るまでの歴史を紹介・・・

BREITLINGの歴史は、1884年にレオン・ブライトリングがスイスジュラ山脈のサン・ティミエ村に、パイロット用のポケットウオッチやコックピット機器を作る時計工房を作ったことこら始まります。その後、レオン・ブライトリングはカーレース用の計器等で事業の拡大を続け、1892年に スイス時計産業の中心地であるラ・ショードフォンのモンブリランに工場を移転します。

そして第一次世界大戦が始まった1914年、レオン・ブライトリングの死を契機にレオンの息子であるガストン・ブライトリングが事業を受け継ぎます。翌年の1915年には30分積算計を装備した腕時計型クロノグラフである「30分タイマー」を発表します。この「30分タイマー」は、全ての操作を1つの竜頭で行うワンプッシュ式でしたが、1934年にはレオンの孫であるウィリーが、2つのプッシュボタン(リセットボタン)を有するクロノグラフ機構を開発し、その機構を備えた「プレミエ」が発表されます。

ブライトリングは航空用時計メーカーとしての定評を得るようになり、その結果、1936年にはイギリス空軍に正式採用となります。その後ダグラスやロッキードといった大手航空機メーカーへコックピット機器等の供給を始めることになります。そして1942年には、回転計算尺を採用したクロノグラフである「クロノマット」を発表し、この歴史に名を残す画期的なモデルはパイロットクロノグラフに革命をもたらしました。

BREITLING



1952年には航空用回転計算尺を装備したクロノグラフ、「ナビタイマー」を発表。飛行に必要なあらゆる計算が可能な航空計器として世界中のパイロットから人気を集め、この「ナビタイマー」がブライトリングの名を一躍有名にします。
1962年には宇宙にいても、地球上での昼夜の区別がすぐにできるように24時間計を搭載した「ナビタイマー」の宇宙モデル「コスモノート」を発表。1962年5月、宇宙飛行士スコット・カーペンターが「コスモノート」を腕に着用してオーロラ7号で地球を3周しました。 1969年にはブライトリング、ビューレン、ホイヤー・レオニダスの共同で、世界初の自動巻きクロノグラフ・ムーブメントであるCal.11の開発に成功しました。

しかし、その1969年にSEIKOが世界初のクォーツ式腕時計「アストロン」を発売。クォーツ式時計は機械式時計に比べ圧倒的に誤差が少ないことからは瞬く間に市場に広まり、スイスの高級機械式腕時計ブランドに壊滅的な打撃(いわゆる「クォーツショック」)を与えます。この「クォーツショック」の影響はBREITLINGにとっても例外ではなく、1979年に3代目社長ウイリー・ブライトリングが会社の閉鎖を決定します。

しかし、同1979年パイロットであり電子エンジニアでもある、アーネスト・シュナイダーがBREITLINGを受け継ぎ、BREITLINGを近代的な時計メーカーへと変身させました。そして、BREITLING復活劇の立役者となったのが、1984年イタリア空軍精鋭のエアロパティックス・チーム「フィレッツェ・トリコローリ」と共に共同開発したモデルである「クロノマット」です。もちろんこのモデル名は、1942年に発表された名作である「クロノマット」に敬意を表して付けられたものであり、このモデルは現在でもBREITLINGのベストセラーモデルとなって多くの人に愛用されています。

BREITLINGは1999年、生産する全モデルをスイスクロノメーター検定協会(COSC)による検定に合格させることを目指す「100%クロノメーター宣言」を発表します。(クロノメーター検定は、設置位置や温度を変化させて機械式時計の精度を見るもので、すべての環境で日差-4秒~+6秒以内に誤差が収まったものに認定が与えられる。)そして、2001年には生産する全でのモデルが、スイスクロノメーター検定協会(C.O.S.C)公認クロノメーターとして認められました。

また、2002年からは英国の高級車メーカーであるベントレーとパートナーシップを結び、ベントレーの名を冠したモデルを発表するほか、ベントレーが生産する高級車「ベントレーコンチネンタル」のインスツルメントパネル用の車載用計器もBREITLINGが提供しています。

スポンサーサイト

テーマ:腕時計 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2007/01/18(木) 19:59:28|
  2. 時計
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:1
<<飛行機 | ホーム | ANA mile blackout!!>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/09/12(土) 15:08:45 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yyuki.blog34.fc2.com/tb.php/86-cfcc9fe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自動車メーカーベントレーについて

ベントレーベントレー(Bentley)は、イギリスの高級車・スポーツカーメーカー。名称は創業者のウォルター・オーウェン・ベントレー(Walter Owen Bentley, 名前の頭文字をとったW.O.という愛称で親しまれており、本稿でも以下からW.O.と表記する)にちなむ。概要W.O.ベン
  1. 2007/03/17(土) 20:41:10 |
  2. 自動車メーカーのまとめ

車等々

現行モデル現在5車種を展開しており、いずれも現在日本においては2000万円を超える価格が設定されている。なお、近日中に2000万円を大幅に切る価格のモデルも発売されると噂されている。コンチネンタルGT/GTCベントレー・コンチネンタルフライングスパー|コンチネンタルフラ
  1. 2007/03/24(土) 10:35:08 |
  2. 車等々

訪問者数

プロフィール

夜猫子

Author:夜猫子
以前の仕事でよく中国へ行っていたため簡単な中国語ならOK!


ブログランキングに参加中!!

クリックをお願いします!! ↓↓

最近の記事

最近のコメント

これはお薦め!!

yugafu-yamabare

海外旅行で英語を話したい!!

海外旅行で使える英会話力を手に入れたい人にピッタリ!!

ワインを探すなら↓↓

2006年のボジョレー・ヌーヴォーの解禁日を前に、人気のボジョレー・ヌーヴォーを大特集!さらに先行予約特典でプレゼントが当たります。

ちょこっとお小遣い!!

↓メール受信でお小遣い稼ぎ!

prize prize

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。