FC2ブログ

夜猫子的部落格

LED ZEPPELINコンサート旅行(3日目~コンサート当日~)

コンサート当日

昼間の行動は端折って、コンサートのインプレ!!

18時ドアオープンだったので、17時半頃にノースグリニッジの駅に着いた。周りにいる人は
みんな腕にリストバンドを着けている。

O2アリーナ3


入口まで進むと、やはりすでに大勢の人がオープンを待って列を成していた。さっそく列に並んでオープンを待った。列が進み始めて、もう少しで中に入れそうなところで横を見ると、今回のコンサートのTシャツを売っているのを発見!!(あまりにも人が多くて、ここまで気がつかなかった)。でも、Tシャツを買うためにもみんな並んでいる。もうすぐ会場に入れそうなくらいまで順番が進んでいたので、ここで列を離れるとまた並びなおしだな・・・ などと考えつつ、Tシャツも欲しいけど今回は諦めようと思って、順番を待ち会場に入った。すると、エスカレータで上に上がっていく途中でもTシャツを販売している所を発見!!ここの売り場はまだ人があまり並んでいない!! 並ぼう!!

手に入れました Tシャツ!! 本当は黒いのが欲しかったんだけど売り切れてた・・・。


会場に入って自分の席を探す・・・


あった!! 座ってステージを見てみると・・・ 小さくしか見えない ∬ ̄m ̄)

会場内


7時が過ぎた頃アナウンスが入り、先ずは前座がスタート!! この時点では、2階席はかなり埋まって
いたが1階席は半分くらいに入り具合。ZEPPELINが目あての人ばかりだから、まあこんなもんなんでしょう・・・

一通り前座が終わり、ステージがセットし直される。いよいよZEPPELINの出番である。

ステージにセットされているアンプユニットには、ペイジのシンボルマークも確認することができる。

時間が9時を回った頃、ステージに4人が現れ、リズミカルなギターの音が会場に響き演奏が始まった。

1曲目の「GOOD TIMES BAD TIMES」だ!! 

今、飛行船が再び飛び立った!!

LED ZEPPELIN1


全身に鳥肌が立つのがわかった。

目の前で伝説のバンドLED ZEPPELINが演奏している!!! もうそれだけで興奮状態!!

長い黒のジャケットにサングラスをかけて、低めにレスポールを構えるジミーペイジ、紺のシャツにデニム?をはき、長めのマイクスタンドを持ちながら歌うロバートプラント、同じく紺のシャツにデニムで、少し高めにベースを構えたジョンポールジョーンズ、そして、ジョンボーナムの息子であるジェイソンボーナム。

この4人が、本気で演奏しているのが伝わってくる。

曲は2曲目の「RAMBLE ON」から「BLACK DOG」へとつづく、ジミーペイジはジャケットを脱いで白シャツに黒のベスト姿になり、ギターもGibson ES?に代わる。

観客もみんな一緒になって歌っている。 やっぱりみんな好きなんだな~・・・ 

ロバートプラントの挨拶が入り、ボトルネックを使った印象的なギターの音が鳴り「IN MY TIME OF DYING」が始まった。

自分でこのフレーズを何回弾いたであろう・・・ 今その同じフレーズをジミーペイジが目の前で弾いている!!

ZEP1


4曲目が終わりプラントのMCが入り「FOR YOUR LIFE」が演奏され、5曲目ジョンポールジョーンズがクラヴィネットで軽快な
リズムの「TRAMPLED UNDER FOOT」のイントロを弾き始めた。

この曲はかなり好きな曲!! リズムに合わせて歌うプラントの姿がカッコイイ!!! 

でもプラントはサビの部分の ”Talkin' 'bout love ~♪”を”・・・・ love ~♪”と端折って歌ってた・・・


周りでも観客が演奏に合わせて楽しそうに踊ってる。かなりテンション高い感じ・・・ みんなけっこういい歳なんだろうけどね~

「NOBODY'S FAULT BUT MINE」から「NO QUARTER 」へとつづき「SINCE I'VE BEEN LOVING YOU」!!

もう、聴いてて涙が出てきたよ!! ペイジやプラントも楽しそうに演奏している・・・

演奏も聴きたいし写真も撮りたいしで、けっこう大変・・・ でもこれを見るために日本からロンドンまで来たんだよ!!

斜め前に居るスキンヘッドが邪魔だ~~

ZEP22


10曲目の「DAZED AND CONFUSED」では、暗がりの中、緑のレーザ光線で囲まれた幻想的な空間で、ペイジがお約束の
Violin bow でSoloを演奏する。光の中でViolin bowを高く上げたポーズも昔のままだ(写真でしか見たことなかったけど・・・)。

そして、ペイジのダブルネックがついに登場!! もちろん曲は「STAIRWAY TO HEAVEN」!!

”生天国への階段だ~!!”

後半で曲が盛り上がるとバックのスクリーンにはペイジの様子がアップになり、さらに会場は盛り上がる!!

ZEP33


時計を見ると、すでに10時30分になろうとしている。

このまま時間が止まって欲しいと思ったのは私だけでは無いはず・・・

そして演奏は「THE SONG REMAIN THE SAME」、「MISTY MOUNTAIN HOP」へとつづく。

その後「KASHMIR」のイントロが始まると、奥さんが横で”KASHMIRだ~”と叫んでる!! 叫びたくもなるよね~

バックのスクリーンには幻想的な模様がうねるように表示されて、曲に合わせて点滅している。

4人はこの日、長めのKASHMIRを演奏し終えて、それぞれが客席に向かって頭を下げてから下がって行った。


もちろん、観客席では拍手が鳴り止まずにアンコールを待っている。

しばらくして再び4人が登場!! アンコールが始まった。

ジャジャージャジャージャン!! 聴き慣れたフレーズが会場に響く。アンコールは「WHOLE LOTTA LOVE」だ!!

観客もプラントと一緒になって歌っている。歌い終えてプラントが何やらしゃべった後(何言ってるかわからなかった・・・)下がっていった。

客席ではまだ「ROCK AND ROLL」を聴いてない!! っとでも言うかのように、アンコールを求める拍手が鳴り止まない。

そして三たび4人が登場して、お待ちかねの「ROCK AND ROLL」が始まった!!

もうみんな足元狭いのに踊りまくりだ!! 自分もこのときだけは踊りまくってた・・・!!

一通り演奏が終わり、4人が客席に向かってお辞儀すると、ジェイソンボーナムが1人前に出て、3人の方を振り返り、感謝の気持ちを込めて、土下座するように頭を下げていた。

客席のライトが点き伝説のバンドLED ZEPPELINのコンサートが終わった。


LED ZEPPELIN 最高のステージだった!!


2007年12月10日 ロンドンO2アリーナ セットリスト

1. GOOD TIMES BAD TIMES
2. RAMBLE ON
3. BLACK DOG
4. IN MY TIME OF DYING
5. FOR YOUR LIFE
6. TRAMPLED UNDER FOOT
7. NOBODY'S FAULT BUT MINE
8. NO QUARTER
9. SINCE I'VE BEEN LOVING YOU
10. DAZED AND CONFUSED
11. STAIRWAY TO HEAVEN
12. THE SONG REMAIN THE SAME
13. MISTY MOUNTAIN HOP
14. KASHMIR

アンコール
15. WHOLE LOTTA LOVE
アンコール
16. ROCK AND ROLL

※演奏中の写真はあえてピンボケものもあるいはバックスクリーンを写したものを使用しました。
スポンサーサイト



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/16(日) 16:21:12|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

LED ZEPPELINコンサート旅行(2日目)

ロンドン2日目

昨夜、寝たのが早かったせいもあり、6時には目が覚めた。といっても、外はまだぜんぜん暗くて夜と同じ。風もあるようでかなり寒そうに見えた。

奥さんはまだ隣で寝ていたが、完全に目が覚めてしまってもう一度寝る気にはなれず、その日の予定をたてることにした。今回の旅行は準備期間がほとんど無かったので、まったく計画を立てていない。コンサート前のこの日1日だけは、チケットの交換以外の時間は観光できるので効率よく周れるようにガイドブックとにらめっこしながら予定を立ててみた。

外が若干明るくなってきたので、奥さんを起こして朝食を食べにレストランへと向かった。
係りの女性にルームナンバーを告げて、簡単な説明を受けてから席へと案内される。

ホテル朝食朝食


けっこうしっかりとした朝食を食べ終わる頃には、外は完全に明るく(曇ってはいたが・・・)
なり、ホテルの前の道も車や人の通りが多くなっていた。

部屋に戻り、出かける準備をしてまずはバッキンガム宮殿を見るべく、ビクトリア駅へと向かった。駅に着くと少し雨が降っていたため、傘をさしながら人に道を尋ねつつバッキンガム宮殿へと向かった。

バッキンガム宮殿


雨にもかかわらずバッキンガム宮殿にはかなりの観光客が来ていた。とりあえず写真をとりつつ、次の目的地ウェストミンスター寺院までの道をガイドブックで確認。

ウェストミンスター寺院


ウェストミンスター寺院に着く頃には雨は上がっており、のんびりと外観と中を見学することが
できた。

やっぱりヨーロッパの建物は風格が違うな~ 

その後、ビッグベンへ向かい、丁度12時の鐘が鳴るのを聞くことができた。テムズ川を渡る間に何人もの観光客に写真を頼まれた。ビッグベンの時計をちゃんと入れてくれだとか、建物全体をうまく入れてくれだとか、いちいち指示がうるさい。

じゃあ自分で撮れよと言いたくなる・・・

ビッグベン


観光の目玉は一通り見終えて、翌日のコンサートのチケットを手に入れないことには落ちつかなかったので、チケット交換をするためにO2アリーナのあるノースグリニッジへと地下鉄で向かった。

翌日コンサートが行われるO2アリーナはノースグリニッジ駅の目の前にあり、駅からもドームを見ることができる。

O2アリーナ


アリーナのbox-officeにはすでにチケットを交換する大勢の人で行列ができており、前方の様子がわからない状態になっている。何列かに並んでいるのだが、何の区分で列になっているのかが判らなかったので、最後尾に並んでいる人にどういう風に並んでいるのか聞いてみると、登録した名前によってその頭文字ごとに並んでいるのだという。
よく見ると前方の電光表示板にアルファベットが表示されている。自分の頭文字の列を見ると、比較的列が短い!! 

ラッキー!!

O2アリーナ2


でも並んだはいいが、なかなか進まない。 前の方からは、チケットを交換してリストバンドを着けてもらった人たちが喜びのあまり叫び声をあげている。そりゃ~プレミアムチケットを手に入れた瞬間だから、叫び声もあげたくなるだろう・・・ 

1時間位並んで、やっと自分たちの順番が来た。チケットの交換には自分のオーダーナンバーとフォトIDが必要だが、フォトIDは持っていないのでパスポートとオーダーナンバーを係りの人に渡した。係りの人は少し離れた場所でなにやら封筒をゴソゴソと探している。しばらく探した後、1通の封筒を持って戻ってきた。どうもこの封筒にチケットが入っているらしい。
係りの人が封筒を開けて、中から紙を1枚取り出し、その紙を指差して、にやけながらこちらに差し出した。見てみると自分の名前と住所が書いているようだが、なんだか住所が違っている。JAPANと入るはずの所にIrelandになっている。

なんで???

係りの人も間違っていることに気付いてにやけていたのだろう。その後、サインをしてチケットを受取り、リストバンドを着けてもらった。このチケットをもらうまで、本当にコンサートが見れるのかどうかが半信半疑だった。でも、これで間違いなくコンサートが見れる!! と確信することができた。

まだチケット交換のために並んでいる人を横目に、記念撮影(他の人もみんなやってたから・・・)!!

リストバンドチケット


その後、そばに居たO2アリーナの警備員らしき人に、

”明日のコンサートでは写真を撮ってもいいの?”

と聞いてみた。すると、

”どんなカメラで取るの?”

と聞かれたので、持っていたデジカメを見せると、

”これならいいんじゃないかな~ そのかわり、入場する時は隠してね!”

とのこと。 


エッ? 隠してって・・・ あなたのような警備員に隠すんじゃなくって???
まあ、そう言うんなら隠して入ればいいのね・・・

OK!と解釈しますよ!! 確認しましたからね!!


予定ではチケットを受取った後は、グリニッジ天文台やカティーサークを見るつもりだったが、チケット交換するのに並び疲れてしまったのと、また少し雨がパラついてきたので、近くにあったスタバで休んでホテル方面に戻ることにした。

この日も、夕食はパブに行ってビールを飲みながら食事!! この日はラムステーキをたのんでみたのだが・・・

やっぱり味付けは無し!! 焼いただけ・・・! 

ラムステーキ


しかも硬っ!!

程よく酔っぱらったところでホテルに帰り、翌日のコンサートに備えて早めに寝ました。


テーマ:イギリス旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2007/12/16(日) 15:51:41|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訪問者数

プロフィール

夜猫子

Author:夜猫子
以前の仕事でよく中国へ行っていたため簡単な中国語ならOK!


ブログランキングに参加中!!

クリックをお願いします!! ↓↓

最近の記事

最近のコメント

これはお薦め!!

yugafu-yamabare

海外旅行で英語を話したい!!

海外旅行で使える英会話力を手に入れたい人にピッタリ!!

ワインを探すなら↓↓

2006年のボジョレー・ヌーヴォーの解禁日を前に、人気のボジョレー・ヌーヴォーを大特集!さらに先行予約特典でプレゼントが当たります。

ちょこっとお小遣い!!

↓メール受信でお小遣い稼ぎ!

prize prize

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する